本文へスキップ

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン選定大学の取組概要【全国がんプロ代表校


文部科学省では複数の大学がそれぞれの、個性や特色・得意分野を活かしながら相互に連携・補完して教育を活性化し、がん専門医療人養成のための教育拠点を構築することを目的として、「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」を平成24年度から実施しており、全国で以下の15拠点が選定されています。
 申請大学
(連携大学)
札幌医科大学(計4大学)
北海道大学旭川医科大学北海道医療大学) 
 プログラム名 北海道がん医療を担う医療人養成プログラム 
 事業推進責任者 黒木 由夫(医学部長・医学研究科長)
 取組の概要 
 広大な医療圏を形成する北海道においてがん専門医療人を養成することは重要な課題であり、がんプロフェッショナル養成プランは大きな成果を上げてきた。しかし、がん専門医療人の多くは都市部の基幹病院に集中しており、遠隔地域のがん患者の多くは専門的ながん医療を受けることが困難な状況にある。
本プログラムは、北海道内の4つの医療系大学が道内地域医療機関と連携して、単位互換による講義、全国レベルのe-ラーニングクラウドの活用、インターネット等の情報通信技術によるカンファレンス、チーム医療研修などを行って、遠隔医療機関で研修する医師やがん診療医療人に地域医療に従事しながら高度の専門教育を受けられるようにし、地域のがん専門医療人の養成とがん医療レベルの向上を図り、さらに、臨床を出発点とした最先端のがん研究の基盤づくりを推進するものである。

 申請大学
(連携大学)
東北大学(計4大学)
山形大学福島県立医科大学新潟大学
 プログラム名 東北がんプロフェッショナル養成推進プラン
 事業推進責任者 里見 進(東北大学総長)
 取組の概要 
 本プランは、高齢化社会における地域のがん医療の課題解決のため、地域がん医療に貢献するがん専門医療人養成に重点を置く。がん医療に必要な学識と技能や国際的レベルの臨床研究を推進する能力を育み、大学、地域、多職種(医療チーム)、患者会が連携して在宅医療や緩和ケアを含めた地域のがん医療とがん研究を推進するための広域かつ包括的教育プログラムを提供する。連携4大学が教育コアとして大学院に新たに3講座と42教育コースを設置し、地域のがん診療連携拠点病院(以下、がん拠点病院)等との連携により、多職域のがん専門医療人を養成し地域の人材交流を推進する。高齢化と地域医療過疎を特徴とする日本の地域がん医療モデルを構築する新規性と、東日本大震災の経験をもとに震災時の新しい地域がん医療モデルを構築する独創性がある。新しい地域がん医療モデルが構築されれば、わが国のみならず世界の地域がん医療の向上へ向け波及効果が期待できる。

 申請大学
(連携大学)
筑波大学(計8大学)
千葉大学群馬大学埼玉医科大学日本医科大学獨協医科大学茨城県立医療大学群馬県立県民健康科学大学
 プログラム名 国際協力型がん臨床指導者養成拠点
 事業推進責任者 大河内 信弘(筑波大学消化器外科教授)
 取組の概要 
グローバル化が急速に進むがん医療において、日本の医療者が十分に国際的な活動をしているとは言いがたい。本拠点は、欧米とアジアのがん医療における情報、技術、人材、物流、交流のハブの役割を日本が担うべく、医学、看護、薬学、医学物理が分野横断的に協調し、10〜20年後の日本のがん医療の中心で活躍する国際感覚に富んだがん専門医療人・指導者を育成する。特に、重粒子線、陽子線など高度で複雑な放射線治療を担う医療者の育成においては、重粒子線医学研究センター(群馬大)、陽子線医学利用研究センター(筑波大)が連携し、日本はもとより、世界的にも例を見ない、強力な放射線治療の臨床、研究、養成拠点を形成する。また、筑波大学が先進的に取り組む全国規模のe-learningクラウドを有効に活用し、さらにその国際化を推進し、連携大学の複数職種から成る層の厚い教員組織が、がん専門職の教育を実施する。包括的臨床腫瘍学を担う人材の育成を目指して、連携大学内に2講座(千葉大・群馬大)を新設し、医歯薬看の分野横断的な早期臨床・橋渡し研究の推進を行う。

 申請大学
(連携大学)
東京大学(計4大学)
横浜市立大学東邦大学自治医科大学
 プログラム名 がん治療のブレイクスルーを担う医療人育成
 事業推進責任者 宮園 浩平(東京大学大学院医学系研究科長)
 取組の概要 
 がん医療の均てん化が推進されている現在においても、根治ができない難治がんが多数存在することや、多面的な身体・精神症状に対する治療方法が不十分であることなど、がん医療には未解決の問題が山積している。このような課題に対しては、がんに苦しむ人々の心に寄り添った医療を原点として、がんの本質的な研究が遂行できる環境を拡大整備し、多職種の医療人が異なる角度から臨床問題解決型の研究を行うことが必要である。そのために、本事業は、研究者養成に重点を置く東京大学に、教育改革や地域医療を推進する3大学が連携することによって、最先端研究とがんの実地医療の両方に造詣を有し、広い視点からがん医療を先導し改革する能力を有する医療人を育成することを目標とする。このような医療人が継続的に輩出されることによって、がん治療のブレイクスルーとなる成果が得られるとともに、多面的ながんの苦痛が軽減されることが期待される。

 申請大学
(連携大学)
 東京医科歯科大学(計6大学)
秋田大学東京医科大学東京工業大学東京薬科大学弘前大学
 プログラム名 次世代がん治療推進専門家養成プラン
 事業推進責任者 湯浅 保仁(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科副研究科長)
 取組の概要 
 平成19年度からの「がんプロフェッショナル養成プラン」により、がん専門外科医師を含めがん専門医療人については中期的には確保の目処が立ったと考えられる。しかし、養成された人材が医療現場において効果的・効率的にがん医療に貢献するためには、技術応用の管理が必要と考えられ、がん診療についての質向上及び質保証の包括的枠組みの提供が望まれる。このため、各種低侵襲がん治療方法の習得、総合臨床腫瘍医の養成、がん診療の地域医療における普及・推進、がん臨床研究の推進とその成果の実践応用、がん治療に必要な機器の開発に従事出来る人材の養成、がん化学療法の質向上に貢献できるがん専門薬剤師の養成、これに加えて事務要員の養成を図ることとした。本プランは従来の養成プランの成果を基に発展的に策定したものであり、また、従来の養成プランは大学で継続させ、併せて習得できるように設計されている。

 申請大学
(連携大学)
慶應義塾大学(計10大学)
北里大学首都大学東京信州大学聖マリアンナ医科大学聖路加看護大学東海大学東京歯科大学山梨大学国際医療福祉大学
 プログラム名 高度がん医療開発を先導する専門家の養成
 事業推進責任者 河上 裕(慶應義塾大学医学部附属先端医科学研究所(細胞情報研究部門)教授)
 取組の概要 
 がん治療の均てん化は達成されつつあるが、未だに約半数の患者の治癒は難しく、標準治療を越えた医療の開発と患者のQOL を高める医療を推進しなければならない。このようにがん医療を 高度化するためには、最先端の基礎研究を生み出し、臨床現場に橋渡しし、科学的根拠と高い倫理観に基づいて、QOLを十分に意識しながら実行に移すことのできる医療人の養成が必要である。医師、歯科医師、看護師、薬剤師、理学療法士、医学物理士、基礎研究者、治験担当者など全ての職種が「先端研究」と「QOL向上」を合言葉にしたチームを形成しなければならない。私たちは5 年間にわたる「南 関東圏における先端的がん専門家の育成」共同事業体での活動を通して、種々のがん医療の諸問題を解決してきた。この度、新たなチーム構成のもと、既に熟知している各大学の専門性や特徴を生かし、相補的かつ相乗的に協力することで、質と効率の高い教育ネットワークを構築し、次世代のがん研究治療を担う人材を育成する。

 申請大学
(連携大学)
順天堂大学(計7大学)
島根大学鳥取大学岩手医科大学東京理科大学明治薬科大学立教大学
 プログラム名 ICT と人で繋ぐがん医療維新プラン
 事業推進責任者 新井 一(順天堂大学大学院医学研究科長)
 取組の概要 
 順天堂大学はがん専門医療者の養成を行い、がん医療の底上げに貢献してきた。今後は、全国のがん患者に均等に医療者養成の成果を還元しうる臨床の連携、基礎と臨床が協働する医薬看理工連携が課題である。従来、地方と首都圏大学との人材交流は少なく、地方のがん医療人養成はマンパワーに問題があった。本プランでは、本学及び連携医科系大学と非医科系大学をICTと循環型人材交流で結び、地域から世界まで、更に基礎から臨床まで俯瞰するがん研究者・医療人の養成を目的とする。具体的には(1)順天堂
大学に先導的がん医療開発研究センターを整備し、これを拠点とし、(2)東京理科大学・明治薬科大学・立教大学との共同橋渡し研究の体制整備と実施、(3)島根大学、鳥取大学、岩手医科大学の構築するコンソーシアムと理薬工学系大学をICTと人材交流で繋ぎ、臨床・研究・教育に一気に風穴を開ける平成のがん医療維新を引き起こしたいと考えている。

 申請大学
(連携大学)
東京女子医科大学(計4大学)
杏林大学帝京大学駒澤大学
 プログラム名  都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育
 事業推進責任者 林 和彦(化学療法・緩和ケア科・教授)
 取組の概要 
 東京都では、がん患者の生活環境や要望は大きく異なる上に急速に高齢化が進行し、急性期から在宅医療までの地域がん医療連携の効率化が急務であるが、地域医療のコーディネート能力のある医師や看護師は極めて不足している。3大学病院は都市におけるがん診療連携拠点病院として質の高いがん医療を提供してきた。加えて東京女子医科大学には次世代医療テクノロジーに関する最先端の研究能力、帝京大学にはわが国の緩和医療やチーム医療を黎明期から牽引してきた実績、杏林大学には質の高い臨床研究を積極的に推進する能力がある。さらに駒澤大学にはがんの遠隔診断や画像転送システムの開発能力がある。本事業では4大学の総力を連携し、最新のインターネット技術を駆使して魅力的かつ実践的な教育プログラムを連携して行い、患者・家族の視点に立ちながら、質・量ともに多様化する都市型がん地域治療を担うことのできる次世代のがん医療人リーダーを養成する。

 申請大学
(連携大学)
金沢大学(計5大学)
富山大学福井大学金沢医科大学石川県立看護大学
 プログラム名 北陸高度がんプロチーム養成基盤形成プラン
 事業推進責任者 山本 博(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科長)
 取組の概要 
 本プログラムは、北陸地区における医科系4大学、看護系1大学より構成され、スキームは、@がん教育改革(本科8コース)、A地域がん医療(インテンシブ11コース)、Bがん研究者養成(本科2コース)より構成されている。@教育改革については、IPE によるチームマインド養成カリキュラム、多職種連携によるチーム医療のリーダー養成カリキュラム、医科系大学連携による単位互換制度を特徴とする。A地域がん医療については、能登北部地区等の医療過疎地域を拠点とした地域がん医療研修、インテンシブコースによる地域がん医療の指導者養成、がん専門医の地域定着を狙いとするコースを設けている。地域がん医療に貢献できる看護師養成コースを設け、地域看護の活性化、休職中看護職復帰へつなげる。B研究者養成については、国際機関連携教育、卒前・卒後一貫教育、MD-PhD による学部・大学院一貫教育による高度な研究能力を有するがん研究者養成を図る。

 申請大学
(連携大学)
名古屋大学(計7大学)
浜松医科大学岐阜大学名城大学藤田保健衛生大学名古屋市立大学愛知医科大学
 プログラム名  組織横断的がん診療を担う専門医療人の養成
 事業推進責任者 橋 雅英(名古屋大学大学院医学系研究科長)
 取組の概要 
 平成19年度より5年間にわたり実施された「東海がんプロフェッショナル養成プラン」では、東海地域に基盤をもつ大学と医療施設の連携により、臓器横断的ながん診療を担うがん医療の専門家が数多く養成されると共に、横断的・集学的ながん診療の体制と人材育成の拠点が整備されてきた。本事業「組織横断的がん診療を担う専門医療人の養成」では、名古屋大学を主幹とする東海地域の大学がそれぞれの特色を生かして相互に教育を活性化しながら、臓器横断的ながん診療・がん研究を担う人材の養成を発展させるとともに、前事業の積み残し課題である放射線治療と緩和ケアの専門医療人の養成にも力を入れる。本事業によって養成されるがん専門医療人が、各臓器を専門とする診療科や他職種との組織横断的なチーム医療のなかでその専門性を十分に発揮することにより、高度ながん医療とがん研究を実践できる新しい診療体制を教育の拠点を東海地域に創生、整備する。

 申請大学
(連携大学)
京都大学(計5大学)
三重大学滋賀医科大学大阪医科大学京都薬科大学
 プログラム名 次代を担うがん研究者・医療人養成プラン
 事業推進責任者 千葉 勉(京都大学大学院医学研究科教授・がんセンター長)
 取組の概要 
 1)京都大学、京都薬科大学:先端的がん研究者の養成に重点を置く。次世代のがん研究、がん診療におけるイノベーションを担う人材、新しいがん診断法、治療法やケア法、臨床腫瘍薬学、医学物理学を開発できる人材を養成する。手術療法、放射線療法、薬物療法、リハビリテーション等における医療機器や医薬品の開発、画期的な治療法や診療技術の開発を目標とする。先端研究施設、先進がんセンター等で、分野横断的、集学的研究、TR、腫瘍薬学研究の基盤を整備し、先導的人材を養成する。
2)三重大学、滋賀医科大学、大阪医科大学:地域がん医療に貢献するがん専門医療人養成に重点を置く。地域がん診療拠点と密に連携しがん教育を推進、腫瘍内科医、腫瘍外科医、放射線治療医、乳腺専門医、婦人科腫瘍専門医、緩和医療医、がん専門薬剤師、がん専門看護師を養成する。5大学間で人材交流を図り人材の養成とがん医療の発展に努める。

 申請大学
(連携大学)
大阪大学(計7大学)
京都府立医科大学奈良県立医科大学兵庫県立大学和歌山県立医科大学大阪薬科大学神戸薬科大学
 プログラム名 地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成
 事業推進責任者 松浦 成昭(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻機能診断科学講座教授)
 取組の概要 
 本事業は申請7大学が、がんの予防・検診から、診断、治療、そして在宅、緩和医療に至るまで、がんのそれぞれの局面に必要な人材養成を行うことにより、全体としてがんの治療成績の向上、患者QOLの改善を実現し、関西地区のがん死亡率最悪の状況からの脱却を図るものである。本事業では大学間の連携を強化することにより、養成する人材の種類を拡大し、関西各地区の均てん化を推進する。薬物・放射線・緩和医療専門医、がん看護、医学物理、細胞検査、薬学各分野の医療スタッフに加えて、疫学研究者養成による予防等のがん対策の推進、病理医養成による診断能の向上を図るとともに、外科治療も強化し、3つの治療法が連携して機能するようにする。また、大阪薬科大学、神戸薬科大学の新たな参加により大阪大学と一体化した薬剤師教育・研究の拠点を関西に形成する、また、職種間連携によるチーム医療の実現にも更に努力し、産学連携、医工連携による研究推進も行う。

 申請大学
(連携大学)
近畿大学(計7大学)
大阪市立大学神戸大学関西医科大学兵庫医科大学大阪府立大学神戸市看護大学
 プログラム名 7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン
 事業推進責任者 楠 進(近畿大学医学部・学部長)
 取組の概要 
 本プランは、阪神地区の国公私立7大学8学部の医学、看護学、薬学系大学院研究科が相互に連携し、高度ながん診療と研究を実践できる人材養成の基盤整備を実践する、基盤整備のため教育改革、地域医療、研究者養成の3部門を設置する。教育改革部門では、がん診療に携わる若手医師及び医療人の発掘と育成を目指した専門教育プログラムを開発する。地域医療部門では、地域の医療機関で活躍するがん医療専門人の養成や人的交流を行う。また、がん医療情報の共有化を図り、多職種が連携した広域医療ネットワーク構築を目指す。研究者養成部門では、ゲノム薬理学的個別化治療や高精度放射線治療法の開発など基礎研究と臨床研究を融合した教育プログラムのもと、国際競争力を有する研究者を養成する。これらの実現のため、臨床腫瘍学、放射線腫瘍学、緩和医療学の講座を新設する。また、包括的がんセンターを具現化することで、がん教育拠点としての機能を強化する。

 申請大学
(連携大学)
岡山大学(計10大学)
愛媛大学香川大学川崎医科大学高知大学高知県立大学徳島大学徳島文理大学広島大学山口大学
 プログラム名 中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム
 事業推進責任者 谷本 光音(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科長)
 取組の概要 
 本プログラムは中国・四国地方の全域にわたる大学院、がんセンター、がん診療連携拠点病院が参加する多職種の高度がん専門医療人養成の教育プログラムである。各大学等の持つ特色、地域性を活かし互いに補完し止揚する教育拠点を確立する。高度なレベルで標準化された共通コアカリキュラム及びe ラーニングによる域内統一カリキュラムによる教育(共育)と、大学間連携による優れた指導者による大学、分野、職種をこえた専門職連携教育(協育)、英語教育と海外先進施設との連携により国際的に活躍する人材の養成と、地域医療機関・患者会との連携による在宅高齢者がん医療に貢献する専門医療人の養成を特徴とする。高度専門知識に加え、チーム医療・リサーチマインドを身につけた全人的高度がん専門医療人が多数輩出されることにより、中国・四国地域におけるがん治療の均てん化、標準化が実現され、各大学、地域における臨床研究や橋渡し研究が活性化される。

 申請大学
(連携大学)
 九州大学(計12大学)
久留米大学産業医科大学福岡大学福岡県立大学佐賀大学長崎大学熊本大学大分大学宮崎大学鹿児島大学琉球大学
 プログラム名 九州がんプロ養成基盤推進プラン
 事業推進責任者 片野 光男(九州大学大学院医学研究院長)
 取組の概要 
 九州がんプロ養成基盤推進プランでは、九州大学大学院に「九州連携臨床腫瘍学講座」を新設し、九州の全医療系大学院や関連病院、九州地方知事会等と連携を行い、継続的ながん専門医療人養成のための教育・研究基盤として、海外医療機関等とも連携を行いながら、国際的な視野を持った指導者や優れたがん専門医療人を養成する。がんプロフェッショナル養成プランの発展系として、上記の講座を中心に研究指導とがんプロ全国e-learning クラウド等を用いての大学院教育を実施する。また、「九州連携臨床腫瘍学講座」には医師以外の医療職の教員を配置し、多職種連携教育の構築、発信を行い、九州における「がん専門医療人養成」のための支援を行う。一方、九州内に地域貢献を目的とした拠点を九州北部に1拠点(長崎県)、南部に1拠点(鹿児島県)を設置し、医師不足地域での研修、がん在宅医療研修等を行う。